ブラックOK

ブラックOK

〜ブラックリストとは・・・〜

ブラックリストとは「警戒が必要な人物または団体」とされています。犯罪行為を犯したもの、またはその可能性があるものや
社会に悪影響を与える企業などいろいろな分野でブラックリストは存在します。

 

そしてブラックリストと聞いて思い浮かべるのはやっぱり金融関係ですね。
金融関係におけるブラックリストに載るのは、借金の返済を延滞したことのある人、借金が返せなくなり自己破産をしたことのある人などです。
金融関係でブラックリストに載ってしまうと、返済能力がないとみなされ、金融業者からお金を借りられなくなってしまいます。
お金の貸し借りは信用性が大切なので、ブラックリストに載っている人には貸さないのが普通です。

 

しかし、悪徳な金融業者はここを突いてきます。「他から借りられなくてもうちなら貸すよ♪」といった甘い誘惑をしかけてきます。
「ブラックOK」や「断れれた人も大丈夫」などと言ってくる金融業者は絶対にダメです。一度引っかかってしまうと、骨の髄までしゃぶられてしまうので注意しましょう。

 

〜ブラックリストに載らないためのポイント〜

「借金を滞納したこともないし、自己破産もしていないから大丈夫。」と普通の人は思いがちですが、結構簡単なことでブラックリスト入りする場合があります。
それが「携帯電話料金の滞納」です。ついつい携帯電話料金の支払いを忘れてしまうことってありますよね。
1か月くらい遅れた場合はまだ大丈夫ですが、3か月以上滞納してしまうとブラックリスト行きになってしまいます。
携帯電話だけでなく、ガスや電気などの公共料金の滞納にも気を付けましょう。