高利貸し

高利貸し

消費者金融はお金を貸すことが仕事です。そのため、利益を生むための手段となるのが利息です。金融業者も慈善事業ではないのですから当然ですけどね。
しかし、利息はそれぞれの金融業者が勝手に設定してよいというものではありません。国によって利息の割合は定められています。

 

〜「利息制限法」〜

元金が10万円以下の場合、年利20%以下
元金が10万円以上100万円未満の場合、年利18%以下
元金が100万円以上の場合、年利15%以下

 

以上のように国によって定められているんですね。
ということは、この基準以上の利息を要求する金融業者は、絶対に借りてはいけない業者ということになります。

 

もう一つ知っておくべき法律がこちら。

 

〜「総量規制」〜

個人の借入総額は原則年収の1/3までに制限する年収の1/3以上の融資をしてはいけないという法律です。

 

これを破るような高額融資をしてくる業者もまた絶対に借りてはいけません。

 

〜見極め方〜

悪徳な金融業者の場合、簡単に利息を計算できないようにごまかしてきます。よくあるのが「短期間融資」です。
10日間で1割の利息といった感じに、細かく区切って利息の実態を分からなくする方法です。
10日間で1割の利息というと、10万円借りた場合は10日後には利息分1万円を上乗せした11万円を返済することになります。
なんだか少額のような気がしますが、これって年利にすると365%になるんです。恐ろしいですね・・・

 

短期間融資だと利息の大きさが分かりにくくなることを狙っているんですね。短期間融資OKといった宣伝をしている業者には注意しましょう。